イメージテキスト

慶應義塾大学 皆川泰代教授と共同研究を実施しました。


「お世話人形を使った「ごっこ遊び」は子どもの心の発達に貢献します」

いつの時代もお子さんが大好きな「お人形遊び」。
やさしい子に育って欲しいという願いから保護者がお子さんに勧めることも多くみられますが、子どもの心理発達にどのような効果があるのか、慶應義塾大学文学部 赤ちゃんラボ主宰 皆川泰代教授と共同研究を実施した結果、優れた効果があることがわかりました!
詳しくは以下の研究資料(PDF)もご覧ください。

研究資料「News Clip 〜お世話人形がおもいやりの心を育む~」(PDF)

上にもどる